Start content

100年後からの逆算で人材を育てる企業

教育は一歩間違えると、宗教的になってしまったり、ブームに乗って本質から外れ、お金儲けのためになってしまったりします。
目先のことにフォーカスして小手先の教育を行っても、継続的な教育効果は見込めません。
『教育』という人に直接影響を与える仕事だからこそ、間違った判断が人を不幸な道に導いてしまいます。
そのような状況に陥らないために、判断を間違えないようにするために、
そして、何より『人』を長期的な視点で育成するために次世代人材アカデミーは、
100年後の理想の社会からの逆算で人を育てることを理念としています。

社会課題を、教育事業で解決する。

次世代人材アカデミーでは、主に3つの社会課題を、教育事業によって解決していきます。
理想の社会を実現するために、さまざまな専門家集団と協力し、事業ごとに最適化された教育メニューを提供しています。

人材育成の課題解決

企業にとって、人が重要な資産であるにも関わらず、目の前の業績に追われて人育てをする余裕がない。また、そもそも育て方がわからない。結果として社員が自分の目標や夢が持てず、日々の業務を遂行する作業者になっている。このような人材育成の課題を解決します。

詳細を見る

女性活躍の課題解決

キャリアを重ね、スキルアップを重ねても、出産や子育てなどにより、自分の夢や思いを押さえつけざるを得ない環境にある。保育などの問題により、働きたくても働けない女性も多い。また、自分のために時間を使えず、ストレスを抱える傾向にある。このような女性活躍の課題を解決します。

詳細を見る

子供教育の課題解決

多様性が求められる社会において、個性を伸ばし、自己発信できる人材になる必要があるが、公教育・家庭ともにどのようにすればよいかわからず、画一的な教育を続けている。結果として、夢や目標を持てない子供が増えている。このような子供教育の課題を解決します。

詳細を見る

社長ブログ

PAGE TOP