本業を通じた社会貢献

本業を通じた社会貢献活動を実践し、
社会課題を解決していきます。

仕事の成り立ちの多くは、社会課題の解決から生まれました。
企業が利益を出し、その利益で社会貢献を行うだけでなく、本業そのものが社会の課題解決につながっているかどうか、弊社では改めて見直していきます。
そして、目に見えるもの(売上、利益)だけを追求する経営ではなく、目に見えない価値(評価、評判、信頼、関係性など)を追求することにより持続可能な企業を創ります。

次世代人材アカデミーでは、次世代を担う子どもたち、
そして、子どもたちに大きな影響を与える存在である
ママたちの支援をしています。

発達障がいのある児童等への支援

 
海外では「個性」として集団の中で受け止められるが、『周りと一緒』であることを重要視する日本社会において、発達障がいのある子どもや大人たちは生活しにくいのが実状です。

AIやロボット化が進むこれからの時代、周りと一緒という価値は意味をなしません。多様な個性が、AIやロボットでは表現できない「人間らしさ」を生み出します。

だからこそ、次世代人材アカデミーでは、発達障がいのある子どもや大人たちが、自分の「個性」を活かし、未来への道を歩んでいける選択肢の一つとして、IT教育(プログラミング教育)を提供しています。

自分らしくありたいママ支援

 
はじめての子育てにとまどい、悩むけど聞く人がおらず、苦しい日々を過ごしている方
子育て、仕事との両立、家事などに日々追われ、自分の時間はどこにいってしまったの?こんな生活でいいの?とふと思う方
出産前に行っていた仕事や、自分でやりたい活動などがあるけれども、子育てがあるからと自分を押し殺してしまっている方
実はそんな女性がたくさんいます。
 
そのような女性たちが、子育て中であっても、ママであっても、自分らしく、ありのままでいることができるように次世代人材アカデミーでは、『ママが自分らしくいられる街づくり』を応援しています。

PAGE TOP